お友達との手紙交換。

我が子は保育園児です。

最近の子供のブームは、お友達との手紙交換です。

平仮名がなんとなく書けるようになってきて、お友達の名前を順番などゴチャゴチャになりながらも、明日渡すんだ、と嬉しそうに言いながら真剣に書いています。

子供がいつも手紙を渡しているお友達は二人いて、そのお友達二人も、1日おきだったり、毎日だったり、手紙をくれます。

お互い親同士も仲良しで手紙交換について、毎日これだけ遊んでるのに毎日手紙も書いてて、仲良しだよね、など本当にみていて仲良しさが伝わってきます。

正直、親の私も、小学校低学年から中学校卒業まで、親友とほぼ毎日手紙交換をしていました。

思い出して懐かしい気持ちになったし、さすが我が子だなと改めて思いました。モリンガサプリ乳酸菌+【モニター価格&送料無料】

つらかった就職活動の思い出

私が人生において一番挫折を味わったのは、就職活動のときです。

最初は入りたい業界があったのですが、どの会社を受けても落ちてしまいます。最終的には業界を選んでいる場合じゃない!と、大学の専攻や最初の希望と全く関係ない業界も受けるようになりました。

そしてその就職活動中もうひとつ辛かったのは、当時付き合っていた同い年の彼氏がどんどん内定を貰っていくこと。

「なんで彼だけ…」と、正直心の中では全く彼氏の内定を喜べていない自分がいましたし、そんな自分を責めたのを覚えています。

結局なんとか当初希望でなかった会社から内定を貰えて入社しましたが、やはり合わずに辞めてしまいました。

もしあの時、希望の業種からブレずに就職活動を続けていたらどうなっていたかなぁ、と考えることもあります。

でも結局辞めていたかもしれませんけどね。やはり本当は希望の業界で一度は働いてみたかったなーと思います。ルピエライン【980円&送料無料】最安値で買えて特典も♪